fc2ブログ

カナルの日々

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

プロフィール

カナル

Author:カナル

アニメ、漫画、ゲーム、
その他諸々の感想ブログです。


Twitterアカウント
@kanarunohibi

2022年夏アニメ感想 その10

ここ最近週間感想も遅れがちなのがヤバい
来期は結構見たい作品あるから今のペースじゃ絶対間に合わないな・・・

以下2022年夏アニメ感想 その10

サマータイムレンダ 21話
プリマドール 9話
リコリス・リコイル 10話
Engage Kiss 10話


サマータイムレンダ 21話
サマータイムレンダ 21話

潮、大・復・活ッ!
潮復活のロジックはそう来たかぁ〜〜っ!!ってなった
確かに3周目以降一回も7月24日には辿り着いて無かったからね
逆に何で影潮だけは本体が一緒に戻ってこられていたのかという疑問も出来たが
そこもちゃん理由があるんだろうな
潮復活まではハイネ(慎平)が慎平と同じ思考で動いてくる、
7月24日はデッドライン当日ということもあってマジで緊迫感ヤバかったよ
一方澪は告白は玉砕、潮帰還で完全に敗北してしまったのはちょっと可愛そうだったが
影澪の「ハイネ倒してお姉ちゃん消えたらワンチャンあるか聞いた?」という
人の心無さすぎるギャグのおかげであんまり湿っぽい感じはしなかったな


プリマドール 9話
プリマドール 9話

黒猫亭に新たなメンバー、灰神楽が加入…燃、燃えてる…
前回動き出した桜花型の義体とか絶対厄ネタだろうと思ったけど
まさかたった1話で放火とは恐れ入った
恐らく灰桜=桜花、灰神楽=菊花で前世の記憶を取り戻した灰神楽が
灰桜を取り戻すために黒猫亭を燃やしたのかな
かなり過激な行動起こしてるし悲しい姉妹のすれ違いになりそうな予感・・・
しかしレーツェルはどんどんおもしれー女になっていくね
瞬く間に自分の立場が追いやられてついにはNTRに目覚めてる・・・
何気にレーツェル加入回に比べて灰桜が先輩として
最低限の指導できてたのは感慨深かった


リコリス・リコイル 10話
リコリス・リコイル 10話

自分で選ぶ事の出来た人生だったから
過去のミカや吉さんの思惑がどうだったとしても
あの時二人の父親が命を繋いでくれたから今こうして生きている
ミカが真実を黙っていてくれたから自らの道を歩み続けれた
全てを知ってこれを言える千束は心の底から凄いと思う
何より千束に負い目を感じ続けていたミカにとって
彼女から父親と呼ばれたのはこれ以上無い程の救いだったろう
ここまで来たら吉さんとも徹頭徹尾自分の主張ぶつけた上で和解して欲しいな
真島さんの1000丁の銃の使い方に関しては中々面白い発送だと思った
自分達ではなく国民にばら撒いて誰かしら事件起こせば
DAの存在を公に出来るっていうのは確かに一理ある
というかこれもう真島さん倒しても国民の不信感払拭するの無理じゃね?
例えここからDAに死者無しで事件解決したとしても
国の暗部を大々的に仄めかされた時点で真島さんの勝ちだろコレ!


Engage Kiss 10話
Engage Kiss 10話

前回こんな記憶話せるわけねぇって思ったけど
めっちゃ言葉選びながら要点掻い摘んだり
真相がバレる前にシャロンと二人だけで解決しようとしたキサラの健気さに泣ける・・・
結局母親の姿をしてるだけの悪魔なんて
シュウ君にとっては躊躇なく撃てる敵でしか無かったが
これがまだ本当の母親だったりしたらもう少し動揺していたかもしれない
だが妹はどうかな!
母親に成り代わっただけのアスモデウスならいざ知らず
半分とはいえ間違いなく自分と同じ血が流れている唯一の肉親である妹・カンナ
ベイロンシティどころか世界の危機を前に彼は妹にすら引き金を引けるのか?
本当この世界シュウ君が一体何したんだってぐらいシュウ君に厳しすぎる・・・


以上2022年夏アニメ感想 その10でした
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://kanarunohibi.blog.fc2.com/tb.php/285-cc315aad

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村