fc2ブログ

カナルの日々

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

プロフィール

カナル

Author:カナル

アニメ、漫画、ゲーム、
その他諸々の感想ブログです。


Twitterアカウント
@kanarunohibi

2022年夏アニメ感想 その11




【公式】『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』4th Trailer


バトルギミックのテラスタル、ぬしポケモン、
ワイルドエリアを発展させた完全オープンワールド
本作はXY~剣盾(とアルセウス)までの集大成って感じがするね
独立したシナリオが三つあるとかボリューム凄そう
新ポケのソウブレイズがめっちゃカッコいい・・・
でも御三家はホゲータ選ぶ予定だからタイプが被る!

以下2022年夏アニメ感想 その11

サマータイムレンダ 22話
プリマドール 10話
リコリス・リコイル 11話
Engage Kiss 11話


サマータイムレンダ 22話
サマータイムレンダ 22話

潮帰還!即ループ!敵の本拠地からリスタート!
この一秒も無駄にしないスピード感よ
普通なら潮帰還してから最後の作戦会議とかやるのにデスルーラ前提で
ラスダン直通ルート開通させてたのはやっぱスゲェぜ慎平
2度目となるハイネ&シデ戦はお互い最高戦力を切っての
高度な読み合いの応酬が本当面白い
竜之助をインストールした事で慎平自身も戦闘力を持ったという点に気を取られすぎて
窓の奇襲に気付かなかったという決着も見事
・・・まぁ終わらなかったわけだが
第二形態始まる辺りとことんラスボスやってくれるなシデ
伊達に数百年生きてゲーマーやってないわ


プリマドール 10話
プリマドール 10話

なんでそう間違った方に思い切りがいいのかなこの子は!
前半で灰桜達5人がそれぞれ黒猫亭がなくても
生きていける場所を見つけたというのを描いた上で
灰神楽=菊花は未だに戦争に囚われ続けているという対比がなんとも・・・
過去回想では菊花の方が体を酷使する桜花を止める側だったのもね
果たして皇都はこのまま戦火に包まれてしまうのか?
立場こそ逆転すれど戦う者と止める者、時を超え今再び対峙する姉妹の行く末は?
記憶を取り戻したスーパー灰桜が何とかしてくれることを信じよう


リコリス・リコイル 11話
リコリス・リコイル 11話

オイオイオイもう終わりだわこの国
千束と決着つけるついでで機能不全にされてるDAとは一体
まぁぶっちゃけDA瓦解しても千束とたきなには知ったことじゃないんだが・・・
むしろ残り続けるメリットの無さ考えたら
たきなはDAへの思い断ち切れて良かったんじゃないかな
フキはまぁ・・・頑張れ!
何話だったかで説明された八咫烏システムによると暗部組織3つあるみたいだし
DA滅んでもリリベルか第三の組織がなんとかするんだろうなって気がする
真島戦は暗所というホームで千束を翻弄する真島さんに対して
千束もアウェーながらほぼ互角に肉薄してて非常に見応えがあったな
っていうか不殺縛り無ければ実質勝ちだったのホント強すぎる
ラストのたきな突入からの殺陣も凄い作画で素晴らしかった
残り2話だけど真島さんはアドバンテージ失ったし次回で決着付いて
ラストはしれっと逃げてる吉さんとの追跡劇かな
そっちはそっちで今回人工心臓製作者の手がかりを掴んだ
クルミとミズキが何とかしてくれそうな気もするが


Engage Kiss 11話
Engage Kiss 11話

久々にナチュラルクズムーブするシュウ君を見れて実家のような安心感を感じる
契約書のくだりが思いっきり詐欺師の手口で笑ったけど
そりゃまぁ代償行為に対する保険は普通かけとくよね
そして契約破棄の項目を見抜いたのに契約破棄そのものじゃなく
方法だけを書き換えたキサラが良い子すぎじゃない?
無償の愛とは正にこの事、ここに来てヒロイン力爆上げすぎて
もうキサラが本命で良いんじゃなかな
まぁ記憶を返す事と引き換えに愛した男の記憶も失ったんだけど・・・
これまでの事やこれから戦う相手のこと考えたら記憶を返された
シュウ君も相当キツイし救いはないんですか?


以上2022年夏アニメ感想 その11でした
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://kanarunohibi.blog.fc2.com/tb.php/286-ec308ccd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村