fc2ブログ

カナルの日々

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

プロフィール

カナル

Author:カナル

アニメ、漫画、ゲーム、
その他諸々の感想ブログです。


Twitterアカウント
@kanarunohibi

2023年春アニメ感想 その13

2023年春アニメの感想ラストです
今期に関してはまず開始が一ヶ月遅れたりFGO感想再開の予告したにも関わらず
未だに再開できていなかったりとにかくグダグダで反省ばかりのクールでした・・・
来期はもっと上手くやりたいと思います・・・

以下2023年春アニメ感想 その13

鬼滅の刃 刀鍛冶の里編 11話
この素晴らしい世界に爆焔を! 12話
機動戦士ガンダム 水星の魔女 23話
機動戦士ガンダム 水星の魔女 24話


鬼滅の刃 刀鍛冶の里編 11話
鬼滅の刃 刀鍛冶の里編 11話

初めて見るはずなのに俺はこの回想を知っている・・・
コラ素材として擦られ過ぎて鬼滅見たことない人でも一度は目にした覚えがあるであろう
半天狗の悲しき過去がついに地上波デビュー
半天狗・・・お前はカスや、ついでに無惨お前もカスや
あたかも自分を被害者ぶるクソみたいな過去二連発がもうホント酷い・・・
本当にお辛い過去だった遊郭編との落差よ
半天狗はあそこから二転三転まだ粘ってマジいい加減にしろってなったけど
前回よりは軽症で倒せた辺り炭治郎のレベル本当に上がったなって思う
そして禰豆子が太陽を克服したのを見るといよいよ物語も佳境に入ったと感じるな
遊郭編に続きネームドキャラの退場無しで終われた刀鍛冶の里編
善逸、伊之助とお馴染みのメンバーがお留守番という変化球だったけど
代わりに玄弥、無一郎、蜜璃さんの掘り下げが行われて
また一味違ったお話として楽しめました
今回で全体の半分切ったらしいので柱稽古編までに原作を読んでみたいと思います


この素晴らしい世界に爆焔を! 12話
この素晴らしい世界に爆焔を! 12話

そして物語はこのすば1期2話へと続く
本編とのミッシングリンクを描いためぐみんの前日譚、ここに完結
カズマさん達の前に自信満々で名乗り出てきた割には
直前まで行き倒れ寸前だったのがめぐみんらしい
ホーストは意外とアッサリ倒せたけど事前に知らない知ってる人達が
頑張って削ってくれてたおかげで勝てたっていうのが良かったな
散り際に残機が減っちまうと復活の余地がある台詞を残してたけど
もしかしてアーネス共々本編で再度相見えることになるんだろうか?
途中で気付いたけどめぐみんの探し人も2期でハンスと話してた人だし
本編の前日譚であり3期への伏線も兼ねた外伝だったのかもしれない
というわけでこの素晴らしい世界に祝福を!3期は2024年放送予定
そっちも期待して待っています


機動戦士ガンダム 水星の魔女 23話
機動戦士ガンダム 水星の魔女 23話

スレッタVSエリクト、グエルVSラウダ、ミオリネ&地球寮 with エラン5号VSプロスペラ
各々の最終決戦が繰り広げられる中最後にとんでもない横槍入ったな・・・
惑星間レーザーってどいつもこいつも終盤に超兵器持ち出してきやがって
議会連合は大人しく噛ませで終わってれば良かったのにこれで紛うことなき敵だぞオメー!
そしてしれっとラスボス一味に加わってるペイル社はマジでさぁ
良くも悪くも厄介者が一纏めになったというべきかなんというか
エリクトはスレッタと対峙することになっても結局最後は庇ってしまう辺り
間違いなくスレッタのお姉ちゃんだったな
まぁ多分まだギリ生きてるとは思うけども
グエルもグエルでラウダの兄として命懸けで説得成功させたけど
正直直前までマジで死んだと思った・・・
まさか一応ジェターク寮からもネームド参加させとくか的な感じで参戦した
フェルシーに見せ場があるとはね・・・
「兄弟ゲンカで死ぬとかマジ笑えないっすから!」がド正論過ぎる
そもそもシュバルゼッテ持ち出す程のことじゃなかったよね、うん


機動戦士ガンダム 水星の魔女 24話
機動戦士ガンダム 水星の魔女 24話

スレッタとエリクト、姉妹が起こす奇跡の果て
思えばこの作品はずっと二人がパーメットスコアを上げる度に
状況を打開してきたわけだからこの終着点は非常に納得行くものなんだよね
逃げれば一つ、進めば二つから始まった物語から
限界を超えた先に全てを手に入れる結末は
スレッタの行き着く先として文句の無い完璧なゴールだった
正直プロスペラかエリクトどっちかは助からないと思ってたから尚更
最後の最後で満を持してエラン4号が助けてくれたのは嬉しかったな
ベネリットグループは解散、それに伴いペイル社は失脚したわけだけど
本物エランはちゃっかり転職活動してたのは面白すぎるだろ
エピローグでセセリアが秘書やってるのを見るとブリオン社に引き抜かれてたっぽいけど
皮肉屋二人に挟まれるグエルCEO・・・強く生きて・・・
結局世界を取り巻く問題に関しては一歩進んだ矢先に一歩戻るみたいで
上手くは立ち行かないみたいだけれども
それでも中盤までの救いようのなさから考えると
当初思い描いてたよりは希望が持てる方向に進んでる様に見えた
辛いことも多かったけど最終決戦に参加した面子に関しては
全員ハッピーエンドを迎えれたおかげで爽やかな視聴感の最終回でした


以上2023年春アニメ感想 その13でした
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

無惨は早とちりで遠回りになった印象が強いですね……
医者をすぐに殺さなければ良かったのに。

ところで、私も原作の柱稽古編以降を読みました。
カナルさんも、読んでいましたら感想を楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://kanarunohibi.blog.fc2.com/tb.php/349-aefa6bfe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村