fc2ブログ

カナルの日々

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

プロフィール

カナル

Author:カナル

アニメ、漫画、ゲーム、
その他諸々の感想ブログです。


Twitterアカウント
@kanarunohibi

2023年秋アニメ感想 その1

2023年度の秋アニメ感想開始
今期は本当の本当に激戦区で断腸の思いで視聴作品の絞り込みを行いました
まぁ録画なりサブスクなり後追い環境は充実してるんだけども
やっぱリアルタイムで追う醍醐味っていうのはその時しか味わえないものだからね

以下2023年秋アニメ感想 その1

葬送のフリーレン ~旅立ちの章~(1話〜4話)
ダークギャザリング 13話
葬送のフリーレン 5話
SPY×FAMILY Season2 26話


葬送のフリーレン ~旅立ちの章~(1話〜4話)
葬送のフリーレン ~旅立ちの章~(1話〜4話)

冒険の終わりから始まる人を知る旅路を描くファンタジー
あらすじから長命種と短命種の悲哀的なのを描く話っていうのは分かってたけど
50年後フリーレンが会いに来た時には既に…みたいなのを想像してたから
少なくともヒンメルにとっては最期にまた最高の仲間と集まって
流星を見ながらの大往生だったのはちょっと安心した
その分フリーレンの心に大きな傷を残す事になってしまったが・・・
逆にハイターは思ったより長生きしててちょっと笑ってしまった
酒大好きな生臭坊主だけどフェルンが一人前になるまで引き留めて
裏ではアイゼンにフリーレンを導く様取り継いでたんだから立派な僧侶だったよ
アイゼンは自分は足手纏いだって言うけどフランメの手記探索の様子見てると
まだまだ現役で行けるだろという気もするが…
まぁ長命種とはいえフリーレン程では無いからもうゆっくり余生を送りたいか
フリーレンは感情が希薄な様で人に共感出来る
感受性を持ち合わせた意外と情の深いキャラだった
本格的に表面化したのはヒンメルを看取ってからたけど
まだ感情が希薄な冒険者時代にその辺見抜いてたヒンメルはマジで良い奴だったと思う
しかし生活力は皆無のズボラ過ぎてフェルン弟子取るまでよく生きてこれたな!


ダークギャザリング 13話
ダークギャザリング 13話

卒業生は回収するのも命懸け
次のSランクスポット所か道中で既に死にかけてるんですけど
どういうことなの夜宵ちゃん…
悪霊じゃないにも関わらずこの霊障ってじゃあ今後悪霊の卒業生回収する時は
一体どうなってしまうのか想像するだけでも恐ろしい
逆にあれだけ敵兵士の怨念に取り憑かれてて本人は悪霊化してない軍人の霊の精神力凄い
前回のH城址の一件で裏で糸を引いていた謎の人物も登場
本誌じゃなくてSQ連載作品だけどこういかにも
敵対組織みたいなのが出てくる所はジャンプイズムを感じた
空芒にも通じてるっぽいが現状悪霊相手に人権なんてあるわけねぇだろって
スタンスの夜宵ちゃんだけどその相手が人間になった時
果たして戦うことが出来るんだろうか?


葬送のフリーレン 5話
葬送のフリーレン 5話

死者の幻影と戦士シュタルク
頭で理解していても少なからず動揺してしまうから
親しい人間を使った精神攻撃は悪質だな・・・
フリーレンはともかくフェルンはよくその壁を乗り越えたなって思う
アイゼンの弟子、シュタルクはヘタレだけど
勘違いしてる村人を見捨てて逃げ出さず留まった所や
戦士としての研鑽を欠かさない辺りに英雄の素質を感じる
あの修行風景見ても実戦経験不足なだけで実力は間違いなく本物なんだろうな
過去のトラウマで本領が発揮出来ないタイプなだけで
多分ドラゴンは本当に彼の実力を察した上であの場を後にしたんだと思う


SPY×FAMILY Season2 26話
SPY×FAMILY Season2 26話

シーズン2だけど話数は通算、1年振りに地上波へ帰ってきたSPY×FAMILY
ロイドさん…あなたが連れて行くべき場所はデートじゃない、病院だ!
尾行は秒で気づくのに本当にヨルさんの事になると節穴も節穴だなロイドさん…
いやまぁ銃で尻撃たれて痛い済んでる人間がこの世にいるなんて
娘と飼い犬がエスパー並みに荒唐無稽な話だけれども
というか銃が痛いだけでフグ毒無効のヨルさんは
もう最強の殺し屋とかいうそういう次元ではなくない?
アニーニャやボンドの事を考えると実は改造人間で
ユーリ共々幼少の頃の記憶も作り物って言われた方がまだ納得出来る域に達してるレベル
今回はなんだかんだアーニャのおかげで赤いサーカスの生き残りの人も救われて
丸く収まったけど割と綱渡りな状況なのは一貫してるよねこの作品


以上2023年秋アニメ感想 その1でした
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://kanarunohibi.blog.fc2.com/tb.php/366-96c05403

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村